この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
山形県立酒田東高等学校ホームページ  知 情 意 力
 

野球定期戦

 6月5日(火)、酒田光陵高校との定期戦が光ヶ丘野球場で行われました。試合は3回表で酒東が2点先取しましたが、8回裏で光陵高校に4点を奪われ、9回表で再び1点を取りましたが一歩届かず、3対4という結果でした。両校とも全校生徒からの力の入った応援の中、熱い試合を見せてくれました!

 

県高校総体の壮行式

 5月23日(水)県高校総体へ向けての壮行式が行われました。一足早く大会が行われた陸上部も輝かしい結果を報告してくれました!これまで応援し、支えてきてくれた多くの方々からの熱い応援を胸に戦ってきてください。「やるぞ力の限り われら酒東生」!

 

地区総体の壮行式

   5月9日(火)地区総体へ向けての壮行式が行われました。校長先生の挨拶、生徒会長からの激励の後、応援団を中心に選手へ向けてエールが送られました。また有志応援・3学年団からも熱いメッセージが送られました。地区総体はインターハイへつながる最初の大会です。これまでの練習の成果を発揮してきてください。白熱した試合を期待しています!


 

前期生徒総会

52()に前期生徒総会が行われました。生徒の皆さんから寄せられた質問等に対しての執行部からの回答や説明に始まり、前期の重点目標や活動計画が執行部、各委員会、各部からそれぞれ提案され、承認を受けました。決算や予算についても承認を受けました。また、7月に行われる体育祭でのテーマソングのアンケートも行われました。その後、執行部で体育祭スローガンも考える予定です。

新学期が始まって、まもなく1ヶ月が過ぎようとしています。今年度も充実した生徒会活動になるように、一人一人がよく考え、意見を出し合い、素晴らしい酒東になるように頑張りましょう。

 

対面式・部紹介

4月13日(金)対面式・部紹介が行われました。対面式では1年次生が宿泊研修で練習した校歌・応援歌(白熱の気)を披露しました。その後の部紹介では、各部が練に練ったパフォーマンスを披露しました。今年度はプロジェクターを使用した部活も多く、各部新入生に魅力を伝えようと工夫のみられる個性豊かな部紹介でした。




 

入学式

47日(土)、179名の新入生を迎える本校の入学式が行われました。生徒の皆さん、ご家族の皆さん、誠におめでとうございます。酒東生活が充実したものになるよう、学校・家庭・地域・そして本人一丸となって邁進していきましょう。
 校長先生からは、式辞で
「本校では、今まで経験してこなかったような学習の質や量が求められる。未来を開くための毎日の努力を続けてほしい。皆さんの人生にとって、高校生活がかけがえのないものになることを願う。」という言葉をいただきました。

PTA会長からは「将来はどんな人間になるか、目標を設定してほしい。大切な3年間、夢をあきらめないで、悔いの無い高校生活を送ってほしい。」という祝辞を、同窓会長からは「仲間同士が切磋琢磨する努力を大切にしてほしい。皆さんが3年生になるときは、本校は創立100周年という節目を迎える。同窓会としても力強く支援していきたい。」という祝辞をいただきました。

 新入生代表宣誓では、「探究型学習を大切にし、酒田東高校の生徒として、3年後の大きな目標に向かって頑張っていきます。」という力強い言葉が述べられました。高校生としての新生活、楽しみですね。49日(月)からは宿泊研修です。良いスタートができる土台を作ってきてください。

 

新任式・始業式

4月7日(土)に平成30年度新任式と始業式が行われました。
 新任式において、今年度は新しい教職員6名を迎えました。代表として挨拶された先生からは、「ともに頑張り、日々充実させていきましょう。」という激励をいただきました。新しい教職員の皆さま、どうぞよろしくお願いします。

続いて始業式が行われました。校長先生からは式辞で、「部活動で感じるような、記録を伸ばす喜び、競技力をつけていく喜びを、勉強にも感じてほしい。やらされる勉強ではなく、自分から積極的に取り組む勉強へ。この1年間、一生懸命、前へ進んでほしい。」とお話ししていただきました。

今年度も、酒東生としての誇りを持って、日々過ごしていきましょう。在校生が新入生と顔合わせするのは、1年生の宿泊研修が終わった13日(金)の対面式になります。どのような対面になるか、今から楽しみです。


 

離任式

今年度の人事異動では、5名の教職員が離任・退職されることになりました。酒東に赴任が決まった当初に考えていたこと、実際に勤めて実感できたこと、多くの出会いを通して残せた思い出を語っていただきました。また、これからの酒東への、熱いエールも送ってくださいました。ますます良い学校になるように、教えていただいたことを大切にして、新年度も頑張っていきましょう。

 

修了式

3月22日(木)に、修了式が行われました。校長先生は式辞の中で、「東北人は粘り強さ、都会の人は我慢強さ、が特徴と長年言われてきたが、最近は東北人の粘り強さが弱くなってきている傾向がある。ぜひ自走の気持ちを大切にし、毎日黙々と自分がやるべきことに取り組んでほしい。」と述べられました。その後、この1年を振り返って、教務部長からは、学習状況や出席状況についての説明があり、新年度も酒東生らしい生活を送ってほしい、そのためにも春休みは気を引き締めて充実させてほしい、と話していただきました。生徒部長からは、生徒会が大変積極的に活動していて頼もしく感じている、来年度は体育祭の年なので、また酒東生の活躍に期待している、というお話をしていただきました。進路部長からは、新年度の6月、7月の模擬試験の結果が、進路決定の上で大事になってくるので、やはりこの春休みを心して過ごしてほしい、という激励がありました。ぜひ皆さん、充実した春休みを送って新年度を迎えるようにしましょう。

また、修了式に先立って3学期成績披露が行われ、「全国高等学校文芸コンクール小説部門 優良賞」と「青少年読書感想文全国コンクール入賞」の報告がありました。受賞された皆さん、誠におめでとうございます。

 

卒業証書授与式

31日(木)、第93回生卒業証書授与式が行われました。風が強い日でしたが、参加者の皆さんの心に残る「わかつ」学年の旅立ちの日となりました。

  校長先生からは式辞で「将来は皆さんは各分野でリーダーになる人ですが、寛容の気持ちを持った、他人の痛みのわかる人になってください。」と仰っていただきました。PTA会長からは「今日を新たなる第一歩として、志をいつまでも高くし前進してください。」と旅立ちに向けたお言葉を、後援会会長からは歌手ナット・キング・コールの歌「スマイル」から引用した激励のお言葉をいただきました。

  在校生送辞では、代表の小林廉君が、「先輩方は、学校のあらゆる場面で後輩にとってのヒーローでした。ご卒業はさみしいですが、酒田東高校の伝統を我々がしっかり引き継いでいきます。」と述べてくれました。 卒業生答辞では、代表の池田皓太郎君が、「私たちは今、不安定な時代にいるかもしれません。テクノロジーが進化し、今ある職業の半分が、将来は人間がしなくなるとも予想されています。そういう時代だからこそ、私たちは何が求められているのかを、しっかり考えていきたいと思います。私たちは今日、いったん解散しますが、『わかつ』学年は不滅です。いつかまた、みんなで集まり、ありし日の高校生活を語り合いましょう。後輩の皆さんも、ぜひ今後もそれぞれの頂点を目指して努力を重ねてください。」と述べてくれました。

  卒業生のみなさん、本当におめでとうございます。3年間の高校生活を酒東で過ごしたことは、一生の財産になると思います。これからもさまざまな場面で「わかつ」ことを大切にして、より大きな世界でご活躍ください。

 

柔道大会・ダンス発表会

今回で61回目を迎えた校内柔道大会と、今回で10回目を迎えたダンス発表会が、2月15日(木)に行われました。柔道大会は午前中は予選会で、1年生の部では1年3組と1年5組が午後の決勝に進みました。2年生の部の決勝は2年1組と2年2組の組み合わせになりました。予選は、すべての試合が接戦と言えました。一本勝ちで喝采を浴びた人、リードしていたのに残り数秒で逆転負けを喫した人、お互いの力が拮抗して最後まで組み合い引き分けになった人、とさまざまドラマが今年も見られました。応援の生徒たちも手作りの応援グッズを準備して大声援を送っていました。

午後の部は、1年生と2年生の代表6チームによるダンス発表会、その後柔道の決勝戦となりました。ダンスのほうは、さすがは各学年の代表に選ばれたチームで素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。踊る楽しさや嬉しさが、観客にも伝わってきました。2年生は2年1組のチームが、1年生は1年4組のチームが最優秀賞を獲得しました。柔道大会の決勝は、2年の優勝は2年1組で、1年の優勝は1年3組でした。最後まで熱い応援が続き、各クラスとも、団結力が一層増したとともに、酒東生として思い出に残る一日になったと思います。

 

課題研究発表会

23()12年生合同の課題研究発表会が本校体育館で行われました。午前中は、2年生のポスター発表と1年生の代表班によるステージ発表。ポスター発表では、発表班の中で興味のあるところに、1年生や2年生の発表班以外の人たち、来客のみなさん、先生方が集まり、熱心に聞き入っていました。プレゼンテーションをした後、質疑応答に入りましたが、厳しい質問が飛んだり、担当した班ならではのすばらしい回答があったりと、とても盛り上がりました。1年生のステージ発表は、研究動機と要旨を英語で行いました。説明の部分でも、適宜、英語を織り交ぜて行いましたが、どの代表班も、堂々と落ち着いて発表をすることができました。

 午後は2年生の代表班による発表でした。こちらもそれぞれ個性的な研究内容で、昨年、一度経験していることもあり、班員同士の息もぴったり合った、すばらしい発表を行っていました。今回、代表班に選ばれなかった人も、これまでの課題研究活動で学んできたことを今後の学習活動や進路研究にぜひ活用してください。入賞班の発表テーマは以下の通りです。


2
年ステージ発表

最優秀賞:これからの英語教育~酒田市での実現に向けて~   優秀賞:ピッコロを目指して~再生能力を高める~

1年ステージ発表

最優秀賞:バナナの皮を食べる   優秀賞:ヒットの方程式

ポスター発表

最優秀賞:輝く未来、笑顔あふれる再生医療

優秀賞:発達障がいの凸凹を埋めるユニバーサル教育   優秀賞:余白・欠落の美


 

3学期 始業式

19日(火)、3学期の始業式がありました。校長先生からの式辞では、勉強に臨む姿勢や学問に取り組むことの意味について「高校や大学で学問に励むことは、人間をさらに作っていく手段であり、成長させるものであると言える。」「勉強はハイリスク・ハイリターンではなく、ノーリスク・ハイリターンであり、取り組んだ分だけ、自分のものとなる。」と話していただきました。さらに3学期に望むこととしても、「各教科からの課題(宿題)に取り組むときは、さまざまなことに気づきながら進めていってほしい、思考へと転換してほしい。」

「学問は、学ぼうと思った人しか学べない。みんなが目標にしている大学というところは、本当の意味で学びの場である。」と挙げられました。結びとして、平成30年は各自にとって飛躍の年になるようにしていきましょう、と激励のお言葉をいただきました。先月の2学期終業式の日の穏やかな天候とは違って、庄内地方らしい風の強い日でしたが、新たな気持ちで新学期をスタートさせることができたと思います。

 

2学期 終業式

1221日(木)、2学期の終業式がありました。校長先生から、「大学入試の新テスト(大学入学共通テスト)の試行調査(プレテスト)が先日行われたが、国公立の2次試験等ではすでに先取りしたような出題がされてきていることに留意してほしい。生徒自身が、知識を活用して、より深く考えることが大切で、発想力が試されているとも言える。教えられるのを待つだけでは道は拓けない。」「センター試験まで残すところ3週間あまりとなった。3年生の皆さんは、ここまで来たら、前を見て頑張るしかない。今まで培ってきたことに自信を持って、堂々と試験に臨んでほしい。」「今年を振り返り、それぞれの時間を大切にして、この冬休みを過ごしてほしい。」とお話がありました。また教務部長から2学期の出席状況と学習状況、生徒部長から2学期の中で良かった出来事や今後、気をつけてほしいことなどを話していただきました。寒い日が続きますが、来たる平成30年、2018年も素晴らしい年になるように、充実した冬休みにしていきましょう。

 

2学期表彰披露

1221日(木)、終業式に先立って2学期の成績披露が行われました。次の生徒の皆さんがステージに並び、紹介されました。皆さん、おめでとうございます。今後のご活躍も期待しています。

 

第63回 青少年読書感想文山形県コンクール

最優秀賞  渋谷花奈① (113日に行われる全国中央審査会に出品されます。)

全国高等学校ビブリオバトル2017 山形県大会

優勝    池田朱莉① (128日に行われる全国大会へ出場します。)

第16回 山形県高等学校文芸コンクール

散文部門  最優秀賞  「太陽の轍」     阿部宏雅②

       優秀賞  「しあわせのレシピ」 佐藤美沙希③

       優秀賞  「エレーン」     阿部宏雅②

第41回 山形県高等学校総合文化祭

散文部門  高総文祭賞 阿部宏雅(来年度、長野で行われる全国総文祭に出場します。)

  高文連賞  「しあわせのレシピ」 佐藤美沙希③

第32回 全国高等学校文芸コンクール

小説部門   優良賞  「太陽の轍」     阿部宏雅②

第44回 山形県高等学校演劇合同発表会

優秀賞 「白(しろ)」

演劇部 佐藤将光②、菅原朋子②、中村百花②、山形郁子②、佐藤百合菜②、平山響生②、阿波孔亮②、

    荒木美紅①、渋谷伊万里①、加賀彩音①、齋藤汐音①、長濱琴音①、齋藤綾音①、澁谷凪紗①、

渡部妃奈子①

第41回 山形県高等学校総合文化祭

演劇部門  高文連賞 「白(しろ)」

第50回 東北地区高等学校演劇発表会

優良賞 「白(しろ)」

生徒好評委員会選出 俳優部門 ディープインパクト賞 阿波孔亮②

同 生徒好評委員会選出

俳優部門 ディープインパクト賞 阿波孔亮②
 

 

創立97周年記念講演

117日(火)、(株)グローカルアースの藤本正樹さんを講師としてお招きし、本校の創立97周年記念講演が行われました。世界をリアルに伝えたい、という気持ちを大切にして活動されている方で、「常にプラスにとらえ、言い続けていると、必ずそうなっていく。」「英語が通じないことで悩むことは、実は勝手に自分で壁を作っている部分もある。表情や態度で感情や気持ちは伝えられる面もある。」「ある調査で、世界に良い影響を与えていると評価できる国の上位に、常に日本は入っていて、外国からの評価は高い。一方、母国(自国)を誇りに思う調査では、日本は常に下位にいる(母国に誇りを持てない日本人が多い)のが残念。」等、示唆に富んだお話を数多くしていただきました。酒東生諸君、自分の枠から飛び出していこう!



 

課題研究(2年生)中間発表会

1024日(火)の67校時に2年生課題研究の中間発表会がありました。9月以降、2年生は自分たちの興味関心に応じて課題設定し、仮説をたて、検証し、これまでにわかったことと2月の最終報告に向けての課題をポスター形式で発表しました。全部で69グループの発表のうち、自分の興味関心にあわせて1年生は9グループ、2年生は6グループの発表を聞きました。伝わるように話す難しさ、興味のあることを調べて伝える楽しさ、さまざまな着眼点への驚きなどがあったようです。校長先生の講評にもあったように「プレゼン力が問われる時代」を生きるうえで、課題研究を通しプレゼンテーション力、コミュニケーション力の向上を図ってほしいと思います。2月の最終報告も楽しみです。


 

1・2年合同 大学出前講義

 9月13日(水)に、1・2年生全員が参加した「1・2学年合同 大学出前講義」が開催されました。「大学の研究内容や進路情報を聴くことにより、視野を広げ、進路探求の一助とする」ことを目的とし、各大学から計9名の先生方をお招きしました。各分野の専門の世界に触れ、大いに刺激を受けることができました。講師の皆さま、お忙しいところ、ありがとうございました。
講師の先生方とテーマについて⇒大学出前講座.pdf

 

演劇部地区大会の結果

  9月3日(日)に酒田市希望ホールで開催された「第31回庄内地区高等学校 演劇合同発表会」に本校演劇部が上演作品『白(しろ)』(作:木村麻由子)で参加し、最優秀賞を受賞しました。
  県大会は南陽市民文化会館で行われる予定で、本校は10月29日(日)に上演いたします。キャスト・スタッフ共々さらにレベルアップを目指して参りますので、県大会での活躍にご期待ください。

 

地区新人大会等 壮行式

   9月6日(水)、各部の地区新人戦や陸上競技部、ボート部の県新人戦、野球部秋季大会地区予選会などの壮行式が行われました。チームも1・2年生主体で、応援する生徒会や応援団も1・2年生主体となり、やはり新鮮な感じの壮行式になりました。生徒会長の挨拶、校長先生からの激励に続き、恒例の有志応援もありました。 県大会、そして東北大会、全国大会を目指して、チームの主力として全力で戦ってきてください。酒東の名あるところ、若人の胸は高鳴る!!

 

球技大会

   8月31日(木)、9月1日(金)の2日間にわたって各クラス対抗球技大会の熱戦が国体記念体育館を会場に繰り広げられました。種目はサッカー、バスケットボール、バレーボール、卓球の4競技で男女それぞれあり、計8種目でした。1年生から3年生までの15クラスと教職員の計16チームがしのぎを削りました。
  天候が心配されましたが、2日間とも天気に恵まれ、生徒たちは体育館とグランドを目いっぱい駆け回り、クラスのために一生懸命戦いました。また、一丸となった応援がクラスの団結を高めたようです。クラスメイトの意外な特技や、誰かのために貢献することができる自分を再発見したのではないでしょうか。
  どの試合も接戦でエキサイティングゲームが数多く見られました。最後は気持ちの勝負、執念の勝利というのが感じられました。総合優勝は3年3組。2位は3年1組、3位は3年5組と2年1組でした。2年生の上位入賞は久々の快挙でした。3年生の威厳、2年生のチャレンジ精神、1年生のフレッシュな勢いを感じることができました。この勢いで受験や新人戦でも酒東旋風を巻き起こそう! ⇒球技大会 結果.pdf
 

生徒会役員選挙

    8月30日(水)に秋から来年にかけての新生徒会の会長、副会長を決める選挙が行われました。生徒会長には2年1組小林廉君が、副会長には2年5組畠中海斗君が、当選しました。これまでの伝統を引き継ぎながら、生徒会活動をさらに充実させて、より良い酒東を築いていってほしいと思います。頑張れ、新生徒会長!副会長!
 

2学期の始業式

  8月24日(木)、2学期の始業式が行われました。校長先生からの式辞では、この夏は全国高校総体(南東北インターハイ)があり、例年にないような夏だったが、3年生は夏休み中にがんばってきたことを2学期も続けていってほしい。1、2年生も、インターハイ運営に携わった経験を活かして、他者とともに活動していく「協働」の精神を大切にし、それぞれの課題研究に取り組んで主体的、協働的に解決を目指す人間になってほしい、という内容のお話がありました。そして2学期全体を見据えて、酒田東高校らしい、学問の2学期になるよう、充実した毎日を送ってくださいとの激励の言葉もいただきました。それぞれの目標に向かって、すがすがしい気持ちで2学期をスタートできた日になったと思います。
 

1学期の成績披露・壮行式・終業式

7月27日(木)、1学期の成績披露・壮行式・終業式が行われました。成績披露では、1学期中に各種大会で上位入賞した人の結果が、本人の登壇とともに読み上げられました。壮行式では、全国高校総体に出場する剣道部・新体操部・山岳部、全国高校総合文化祭の合唱部門に出場する音楽部、小倉百人一首かるた部門に出場する生徒への激励を行いました。出場する選手たちからも感謝の気持ちを込めた決意表明が述べられました。
その後、1学期の終業式が行われました。校長先生からの式辞では、自分の目標に向かってしっかりと進んでいく「自走」ができたでしょうかと、各自に1学期の生活を振り返ることの大切さとともに、夏期休業中も「自走」のスピードを調整しながら、「最適な夏休み」を過ごしてほしいというお話をいただきました。一人一人が、充実した夏休みを送り、より成長した姿で2学期を迎えてほしいと思います。


 

東翔祭⑥ 閉会行事

   東翔祭2日目(7月22日(土)の閉会行事の様子です。男女装、クラス企画、合唱コンクール、演劇コンクールの各表彰も。最後に恒例の、『白熱の気』の大合唱、そして全校生徒、教職員による記念撮影が行われました。2日間に渡って、皆さん本当にお疲れさまでした。すばらしい東翔祭でした。一人一人に忘れられない思い出が残ったことでしょう。


 

東翔祭⑤~クラス企画・文化部企画・委員会企画・有志ステージ企画

 東翔祭2日目(7月22日(土)に行われた、一般公開の「クラス企画」「文化部企画」「委員会企画」「ステージ企画(有志)」の様子です。



 

東翔祭④ 音楽部の発表

   東翔祭2日目(7月22日(土)に行われた、音楽部による合唱の様子です。1年生の合唱コンクールの後に演奏され、息の合ったすばらしいハーモニーを披露してくれました。また、音楽部は8月4日(金)に仙台市で開かれる「全国高校総合文化祭(みやぎ総文2017)」の合唱部門に出場します。全国の舞台でのすばらしい演奏を期待しています。
 

東翔祭③~合唱コンクール

   東翔祭2日目(7月22日(土)に行われた、1年生の合唱コンクールの様子です。各クラスの熱唱が続き、前日の先輩方の演劇コンクール同様、大きな感動をもたらしてくれました。(〇数字は発表順、『  』は曲名です。)


 ①1年1組 『証』


 ②1年3組 『Story』


 ③1年4組 『はじまり』


  ④1年5組 『奏(スキマスイッチ)』


 ⑤1年2組 『Overflowers~言葉にできなくて』
 

東翔祭②~演劇コンクール

    7月21日(金)に、本校の学校祭「東翔祭」が初日を迎えました。ここでは「演劇コンクール(2、3年生)」の様子をお伝えします。限られた準備期間でしたが、各クラスとも素晴らしい芝居を見せてくれました。(次の写真で、〇数字は発表順、『 』内はタイトルになります。)

 ①2年2組『竹トリ桃ガタリ』                ②3年3組『パラレルワールド』           ③2年1組『一人ぼっちの…』


④3年4組『ふしぎの国のアリス』         ⑤2年4組『白雪姫』          ⑥3年5組『忘れないと誓ったぼくがいた』


⑦2年5組『Like』              ⑧3年2組『籠城のビール』      ⑨2年3組『帝一の国 アナザー…』


⑩3年1組『ハムレット』
 

東翔祭①~開会行事・吹奏楽部・書道部

    7月21日(金)に、本校の学校祭「東翔祭」が初日を迎えました。当日は「開会行事」「演劇コンクール(2、3年生)」が行われました。開会行事は諸原校長先生の熱唱(北島三郎さんの『まつり』!)と開会宣言、各クラス手作りのオープニング映像ではじまり、恒例の「男女装」も行われました。その後、書道部、吹奏楽部の発表が行われました。 (「演劇コンクール」の様子は、次のお知らせで掲載します。)




 

野球部 甲子園予選2回戦(対酒田南高校)

  7月15日(土)、野球部の甲子園予選2回戦が、1回戦に引き続き、酒田市光ヶ丘球場で行われました。6回まで3対4と拮抗した展開でしたが、7回に4点、8回に5点を奪われ、残念ながら3対13で8回コールド負けを喫してしまいました。最後まで酒東野球部としての全力プレーを見せた選手の皆さん、本当にお疲れさまでした。暑い中、応援に来ていただきました多くの皆さまにも感謝申し上げます。
 

野球部 甲子園予選1回戦(対寒河江高校)

 7月13日(木)、野球部の甲子園予選1回戦が、地元の酒田市光が丘球場で行われました。全校応援となり、暑い中、酒東一丸となっての応援をすることができました。試合は6対0で、見事に酒東の勝利!でした。次の2回戦、相手は強豪の酒田南高校です。15日(土)午前10時より、酒田市光が丘球場で行われます。熱い戦いを期待しています!

 

外務省高校講座

 6月21日(水)に「外務省 高校講座」が行われました。武井俊輔衆議院議員(外務大臣政務官)を講師にお迎えし、「高校生の皆さんへのメッセージ 外務大臣政務官として思うこと」をテーマにして、ご講演をしていただきました。世界中で活躍する日本人の話、国の大きさは大小さまざまあるが国連では小さな国でも一票は一票という事例、小村寿太郎に見る外交の本質等、多岐にわたる内容を拝聴することができました。また、「海外留学する日本人学生が減少している傾向があり、ぜひチャレンジしてほしい。」「将来は世界を仕事のフィールドにする気持ちで、職業選択を考えてほしい。」等のアドバイスもいただきました。世界に目を向けることの大切さ、日本人の果たす役割について考える、良い機会になったと思います。


 

1・2学年 合同学部学科研究会

  6月14日(水)に「1・2年合同学部学科研究会」が行われました。これは、文理選択を控えている1年生に、2年生が学部・学科について説明することで、進路に関しての理解を深める、ということを目的としています。 当日は、2年生があらかじめ準備、研究していた学部学科系統の発表を行い、1年生がそれを聞いてさまざまな質問をする、そして2年生が答える、というかたちで進みました。全部で56グループに分かれての活動でしたが、実り多い内容だったと思います。2年生が作成した資料は現在、1年生の教室のある4階の講座室前に置かれています。

 

野球部定期戦

   6月6日(火)に酒田光陵高校との野球部定期戦が光ヶ丘野球場で行われました。両校とも力の入った応援により選手を後押ししました。試合の結果は、酒東の勝利です。やりました。7月の甲子園予選に向けて弾みがついたと思います。頑張れ酒東野球部。

 

前期生徒総会

   5月31日(水)に前期生徒総会が行われ、活発な質疑応答が見られました。目標、内容を再確認して、今後の活動を進めてください。 生徒一人一人が主体的に考え、充実した生徒会活動になるように努力し、より素晴らしい酒東を目指していきましょう。

 

県高校総体壮行式

   5月24日(水)、山形県高校総体に向けての壮行式が行われました。教頭先生と、男子バレー部員でもある生徒会長からの激励の言葉に続き、各部主将からの決意表明がありました。今回も有志応援が行われ、下級生や教育実習生による熱いパフォーマンスが続き、最後は3学年の先生方による激励で幕を閉じました。各競技の東北大会、そして山形県を中心に開催される南東北総体(インターハイ)出場に向けて、今までの練習の成果を存分に発揮してほしいと思います。


 

壮行式

  5月10日(水)、地区総体に向けての壮行式が行われました。校長先生と、自身も男子バレー部員として出場する生徒会長からの激励の言葉に続き、各部主将からの決意表明がありました。また有志応援も積極的に行われました。3学年の先生方による応援もあり、学年主任からの熱いメッセージで幕を閉じました。今年は「南東北総体(インターハイ)」の年で、全国の高校生アスリートが山形県を中心に熱戦を繰り広げることになります。大きな舞台への第一歩となる地区総体。しっかりと勝ち進んでいけるよう、蓄えた力を十分に発揮してほしいと思います。



 

スポーツテスト

 5月1日(月)、光ヶ丘陸上競技場で恒例の全校でのスポーツテストが行われました。天候にも恵まれ、快晴の空の下、自己記録の更新を目指して頑張りました。種目は、昨年と同様に50m走、ハンドボール投げ、立ち幅跳び、握力測定、長座体前屈、そして持久走(男子1500m、女子1000m)でした。1年生も、一生懸命に取り組む先輩の姿から、酒東生としてどのようにスポーツテストに臨むのかを学び取ったと思います。 持久走では、走っている人への声援が飛び交う雰囲気、先生方も生徒たちと一緒に全力で走る伝統は今年も健在でした。最後にお互いの頑張りをたたえて応援歌『白熱の気』を大きな輪になって歌う伝統も引き継ぎ、閉会しました。皆さん、本当にお疲れさまでした!



 

デラゥエア市使節団の皆さんが来校されました。

   4月19日、オハイオ州デラウェア市からの使節団が来校されました。授業見学のあと全校生による歓迎行事が行われ、酒東生からは吹奏楽部の演奏で校歌披露、書道部による歓迎パフォーマンスがあり、使節団の方からはデラウェア市についてのプレゼンテーションがありました。中学時に「はばたき」に参加した生徒は懐かしい様子で、それ以外の生徒も興味深くデラウェア市の文化や産業についての話に聞き入っていました。デラウェア市長さんの「なぜ市長になったのか」のお話もあり、視野を広げ、生き方を考えるきっかけになったのではないでしょうか。

 
 
 
 

対面式・部紹介

   4月13日(木)に1年生と2・3年生の対面式が行われました。生徒会長の歓迎のあいさつの後、1年生代表2名のあいさつがありました。そして1年生が宿泊研修で鍛えた、校歌・応援歌(白熱の気)を披露しましたが、そのすばらしい団結力に、2、3年生も大感激でした。 その後、2・3年生による部紹介が行われました。各部が工夫したパフォーマンスが続き、笑いあり感動あり、の個性豊かな紹介でした。1年生はどの部にするか、迷っている人もいるかもしれませんが、20日(木)までにはさまざまな部を見学して決めましょう。

 
 
 
 
 

 
 

平成28年度入学式

 平成29年4月7日(金)、201名の新入生を迎える本校の入学式が行われました。生徒の皆さん、ご家族の皆さん、誠におめでとうございます。酒東生活が充実しますよう、学校・家庭・地域・そして本人一丸となって邁進していきましょう。
 校長式辞では、「学びについてより深く考えるのが高校時代です。新しい仲間どうし、お互いの良さを見つけていきましょう。これからの高校生活は順風ばかりではないかもしれないが、努力の積み重ねは必ず未来の扉を開いてくれるはずです。」と激励がありました。PTA会長からは「高校に入学し、3年後にはどんな人間になりたいか、夢やビジョンを持ってください。なりたい、ではなく、なる、なれると強く考えてください。」という祝辞を、同窓会長からは「初心を忘れず、日々努力してください。高校3年間の中で、人生の方向性を探すとともに、心豊かで社会性、協調性を身につけた人になってください。」という祝辞をいただきました。
 新入生代表宣誓では、「社会への貢献に努力し、酒田東高校の理念を大切にして、これからの3年間、頑張っていきます。」という力強い言葉が述べられました。酒田東高校での新生活、本当に楽しみですね。明後日から宿泊研修です。良いスタートができる土台を作ってきてください。













 

新任式・始業式

 4月7日(金)、平成29年度新任式と始業式が行われました。
 新任式において、今年度は事務部長、教頭先生をはじめ新しい教職員10名を迎えました。97周年を迎える伝統校にさらに新しい歴史を作っていただけることでしょう。どうぞよろしくお願いします。
 続いて始業式が行われました。校長先生からは式辞で、「今日から一斉に新年度がスタートします。今年は学校祭(東翔祭)やインターハイ(南東北総体2017)など大きな行事がある年です。」「新2年生での課題研究では、教科横断的な内容となり、発想力などがより大切になります。」等のお話がありました。 今年度も一人一人が努力を積み重ね、酒東生としての誇りを持って、毎日の高校生活を送っていきましょう。在校生が新入生と顔合わせするのは、1年生の宿泊研修が終わった13日(木)の対面式になります。どのような対面になるでしょうか。今から楽しみですね。

 
 

離任式

 今年度は事務部長、教頭先生をはじめとして15名の本校職員の方々が酒東を離任されることになりました。酒東時代の思い出や心温まるエピソードを語っていただき、同時に酒東生へのエールも送っていだきました。別れは寂しいですが、生徒会長からの言葉にあったように、良い報告を届けられるようにこれからも頑張っていきましょう。


















 

修了式

 校長先生は式辞の中で、「天与の花を咲かす喜び 共に咲く喜び 人見るもよし 人見ざるもよし 我は咲くなり」という武者小路実篤の詩を引用し一人一人のONLY ONEの活躍を期待していると話されました。
 この1年を振り返って、教務部長からは、受験生を振り返って基礎固めを早くすべきだと痛感しました。新三年生と新二年生は毎日の授業をさらに大事にしてください。進路部長の先生からは、合格体験講話で三年生が言っていたのは、日々コツコツやることだということでした。来年はここにいる生徒全員から語ってもらいたいと思っています。と激励がありました。
 文武両道の原点に立ちかえり、来年度よりよいスタートを切れるよう、これからの休業期間を有意義に過ごしてもらいたいと思います。
 

合格体験発表会

 3月22日(水)の⑤⑥の時間に、今年度大学合格を達成した先輩たちから、後輩たちに熱いメッセージが送られた。全体会のあと、文科会に分かれて学部ごとの体験発表を行う二部制でした。授業への取り組みや家庭学習への取り組み、部活動と学業の両立をどう工夫してきたかなど、成功の秘密を語ってもらいました。手法はおのおの違いますが、受験に真剣に向き合い、その過酷な試練の中で自分の限界にチャレンジし、人間的に成長したことが分かりました。その「人間力」が合格をもたらしたのだということは、皆に共通していたことのようです。  
 1・2年生のみなさんは、どのように受け取ったでしょうか。この体験発表を機に生活を変えた人も少なくありませんでした。来年や再来年、この場に立って後輩たちに笑顔で成功の秘訣を語りたいと思ったでしょうか。そう思えた人はきっとこの酒東の伝統を受け継いでくれることでしょう。期待しています。







 

92回生卒業証書授与式

 3月1日(水)、平成28年度の第92回生卒業証書授与式が、たくさんの来賓の方々、保護者の方々のご参加を得て行われました。「前へ」学年らしく、未来への素敵な旅立ちの日となりました。
  校長先生は式辞の中で、「愛ある仁ある人とならん、の校歌のフレーズのような人になってください。」PTA会長はご祝辞の中で、「前へという学年の名前通り、失敗を恐れず前へ進んで下さい。」また後援会会長からも、「自分にしかできないものを追求し、新しいものを創り出してほしい」という強い激励をいただきました。
  在校生送辞では、代表の池田皓太郎君が、卒業生の先輩方の文化祭、球技大会、部活動での「前へ」進んでいく諦めない姿勢から多くのことを学ばせてもらい、さらにそれを今後の酒東の発展につなげていく気持ちを送りました。
  卒業生答辞では、代表の相蘇凌君が、これまでの先輩方から引き継いできた酒東の3年間を振り返り、「ボーダーレス時代と国境を強く意識する時代のせめぎ合いのところにいます。しかし、僕らは海外の研修旅行で壁は高くないと感じてきました。異文化を理解し、世界に羽ばたいていきたいです。後輩の皆さんには、伝統的行事や酒東らしさ、僕らが始めた課題研究などを受け継ぎながらさらに改良を加えて発展させていってください。」と述べました。
  卒業生のみなさん、保護者の皆さん本当におめでとうございました。まだまだ進路決定まで頑張りましょう。大学入学がゴールではありません。いつまでも「前へ」、大きな世界に旅立つ生徒諸君を、これからも応援しています。




















 

柔道大会・ダンス発表会

 2月16日、今年度も伝統の柔道大会が開かれました。午前中は予選会で、1年生の部では1年2組と1年5組が決勝に進みました。2年生の部では2年2組と2年3組の組み合わせになりました。すべての試合が接戦でどちらに転ぶかわからない試合でした。女子の皆さんは応援グッズをそろえ大声援を送っていました。クラスも学校もまとまる非常に良い伝統です。 午後の部は、1年生と2年生の代表6組によるダンス発表会、その後決勝戦となりました。ダンス発表会は曲紹介、音楽、衣装、掛け声など全てにおいてアイディア満載でした。素晴らしいダンスで楽しい時間を演出してくれました。ダンサーたちの踊る楽しさが、観客にも伝わってきました。2年生は2年5組のチームが、1年生は1年5組のチームが最優秀賞を獲得しました。 柔道大会の結果は、2年の部優勝は2年2組。予選で負けた3組にリベンジしての勝利でした。1年の部優勝は1年5組。決勝戦は1年2組を7対2で圧倒。それぞれ、学年が上がるとクラス替えがあります。クラスとして優秀の美が飾れましたね。 さて、次は来週からのテストに切り替えましょう。



















































 

課題研究発表会

 2月4日(土)、1・2年生合同の課題研究発表会が行われました。午前中は、2年生のポスター発表と1年生のステージ発表でした。ポスター発表では、発表班の中で興味のあるところに、1年生や2年生の残りの人たち、来客のみなさん、先生方が集まり、熱心に聞き入っていました。プレゼンテーションを研究した成果か、笑いが起こったり、厳しい質問が飛んだりして、盛り上がりました。
 1年生のステージ発表は、司会・パワーポイント資料・プレゼンテーション・質疑応答全てを英語で行いました。クオリティの高い資料や英語の発音に驚きました。昨年、入学前に酒東講座で先輩の発表を見ていた人も多く、あこがれの舞台に立てた、と喜ぶ生徒もいました。
 午後は2年生の発表でした。さすがは2年生。昨年一度経験していることもあり、寸劇を入れたり、ジョークを入れたり、身振り・手ぶりのジェスチャーを入れたりしながら、分かりやすく発表を行っていました。
1・2年生合同、学校行事としての課題研究発表会は大成功でした。今後、さらに発展し、後輩たちに受け継がれていくことになるでしょう。お疲れさまでした。2年生はいよいよ受験への切り替えですね。
入賞班は以下の通りです。

2年ステージ発表
最優秀賞         Connections between Shonai and Genji
優秀賞           Finding Strong Structures for Earthquakes

1年ステージ発表
最優秀賞                    次世代の子どもたちをどう育てるか。子どもたちの生きる力を育め!
優秀賞                        暮らしを豊かにするものづくりに挑め!

ポスター発表
最優秀賞                    Could Pokemon save the economy?
優秀賞                        Who is a leader?
優秀賞                        21を言ったら負けゲームを3人で行ったときの必勝法はあるのか?






































 

始業式

 1月10日(火)、3学期始業式が行われました。2017年酉年のスタートです。校長先生のあいさつでは、「『酉』は収穫を意味します。最高の形で、頑張ってきたことの結果を出しましょう。少年老い易く学成り難しとも言うが、今年は努力の蓄積という翼を広げて羽ばたく年にしよう。」と話されました。
 3年生はいよいよ今週末にセンター試験を控えています。今週は寒波到来の予報もありますので、体調管理に十分配慮し、当日の朝は余裕を持って送迎をしてもらいましょう。
 

終業式

 12月22日(木)、2学期の終業式がありました。それに先立って、2学期の優秀部活の賞状披露がありました。新体操部の県優勝、体操部個人岡部智子さんの県優勝、卓球部準優勝、剣道の第3位、剣道部個人阿部羽奏さんの県優勝の賞状伝達でした。素晴らしい戦績ですね。東北大会や全国大会での活躍も期待してます。
 終業式で、校長先生は、「今年の酒東の漢字は【兆(きざし)】ですね。3年生は志の実現への兆しが見えつつあるし、1・2年生はグローバルな世界の中で、国際的感覚を養っている兆しが見えます。これをさらに成果まで育てていきましょう。」とありました。来年はさらに良い年、酉年ですから、高く飛翔する年にしましょう。
 

あいさつ運動

生徒会主催で、クラスごとのあいさつ運動を行っています。朝から元気よく挨拶して、気持ちよく迎えられています。今日も一日頑張りましょう。
 

創立記念式典

  11月1日(火)に創立96周年記念講演会を行いました。この度は、山形大学教授城戸淳二氏を講師としてお迎えしました。有機ELの現在と未来の話をしてもらい、理系の知的好奇心をかきたてられました。また、城戸先生の受験時代の苦労話や転機となったアメリカ留学の話をお聞きしました。 受験勉強のときには、「一生に一回の体験なんだから一生懸命やってみよう」と気持ちを奮い立たせたそうです。そして、若いうちは、一日16時間の学習はやれると激励をいただきました。研究生活はハングリー精神をもっていること、アイディアがあり汗をかくこと、最終的には自分にはできると信じることが必要だと教えていただきました。
  受験勉強、大学生活、そして就職にもつながる今後の酒東生の飛躍のきっかけになるようなお話でした。お忙しい中本当にありがとうございました。




 

後期生徒総会開催

  10月19日(水)に後期生徒総会が行われました。前期の反省を踏まえ、2年生中心の新執行部、新委員会が新しいことにチャレンジしていくことになります。生徒会長の「みんなに応援される酒東を生徒全員でつくっていきましょう」という力強い所信表明がありました。生徒主体で活気あふれる学校を作っていきましょう。
  また生徒総会の前には新人大会などの表彰式がありました。たくさんの生徒が文武両道頑張っています。





 

壮行式

 9月7日(水)、各部の地区新人戦や陸上部の県新人戦、ボート部の東北選抜大会、野球部秋季大会地区予選会などの壮行式が行われました。チームも1・2年生主体、応援する生徒会や応援団も1・2年生主体となり、新鮮な壮行式になりました。生徒会長からは「いよいよ僕らの時代ですね。夏の成果を全部出して、来春につながる試合をしてきましょう。」、校長先生からは、「選抜への長い道のりが始まります。酒東旋風の大きな風を吹かせてこい!」と激励がありました。 有志激励では、サッカー部の三年生や運動会の時に組頭を務めたメンバーからの激励がありました。2学年の先生方からは、油断や弱気、迷いを打ち破って優勝して来い!という力強いメッセージが送られました。笑いと心のこもった先輩からのエールを受け、気合いが入ったことでしょう。新キャプテンからは、「支えてくれる方々に感謝の気持ちを持って全力で闘ってきます。」「目標を達成できるように団結して頑張ってきます。」との決意がありました。 チームの主力となる喜びを感じ、プレッシャーの中でも自分史上最高のパフォーマンスをしてきて下さい。県や東北、全国という次のステージへ突き進め!いざ闘わん時来たる!!








































 

球技大会

  9月1日(木)、2日(金)の2日間にわたって各クラス対抗球技大会の熱戦が国体記念体育館 を会場に繰り広げられました。種目はサッカー、バスケットボール、バレーボール、卓球の4競技で男女それぞれあり、計8種目でした。1年生から3年生まで の15クラスと教職員の計16チームがしのぎを削りました。 台風の影響が懸念されましたが、2日間とも快晴となり、生徒たちは体育館とグランドをめいっぱい駆け回り、クラスのために一生懸命戦いました。また、一丸となった応援がクラスの団結を高めたようです。クラスメイトの意外な特技や、誰かのために貢献することができる自分を再発見したのではないでしょうか。 どの試合も接戦で劇的な幕切れが数多くみられました。最後は気持ちの勝負、執念の勝利というのが感じられました。
  総合優勝は3年1組。2位は教職員。3位に3年2組という結果でした。文系の優勝は久々の快挙でした。3年生の威厳、2年生のチェレンジ精神、1年生のフレッシュな勢いを感じることができました。3年生同士「ありがとう!次は受験だな!」とお互いを鼓舞している姿に感動しました。ラストは恒例の全員での白熱の気でした。来年も良い伝統が引き継がれることでしょう。この勢いで、受験や新人戦でも酒東旋風を巻き起こそう!!
  結果
                          1位     2位     3位     4位
  バレーボール男子       教職員  3-1   3-4   3-2
  バレーボール女子       3-1   教職員  3-2   3-4
  バスケットボール男子     教職員  2-3   3-1   3-2
  バスケットボール女子     3-3   2-3   3-5   3-1
  卓球男子              2-4   教職員  2-5   2-1
  卓球女子                          3-2     1-3   2-5   3-3
  サッカー男子           3-1   1-5    教職員   3-4
  サッカー女子           3-1   3-4   3-5   1-2
  総 合                3-1   教職員  3-2   3-3














 



































 

生徒会役員選挙

  8月28日(金)に秋から来年にかけての新生徒会の会長、副会長を決める選挙が行われました。生徒会長には2年3組池田皓太郎くんが、副会長には2年5組尾鷲リサさんがそれぞれライバル候補を抑え、当選いたしました。2人を核にして、2年生が中心となって、これまでの伝統を引き継ぎながら、よりクリエイティブな酒東を築いてくれることでしょう。今後の酒東生徒会をよろしくお願いします。



 

始業式

 8月25日(木)、2学期始業式が行われました。式では、夏の講習を乗り切った3年生と真黒に日焼けし部活動を一生懸命やった1・2年生ともにたくましくなった顔がみられました。校長先生の式辞では、「インターハイや高総文祭、甲子園、リオ五輪などがあり、感動した夏でした。成果を残した人たちは、挫折や失敗も無駄にせず、継続的に一瞬懸命に努力してきた結果である。感謝の心を忘れず君たちも努力してほしい」と激励がありました。 さあ、学業も部活動も一番伸びる2学期です。一瞬一瞬に全力を傾けて前へ進みましょう。



 

終業式

 7月25日(月)1学期の終業式が行われました。校長先生の式辞では、「やり切るをテーマに、良い夏を送ってほしい。10年ぶりの野球部ベスト8入りや運動会の大成功など、上昇気流の中にある。今後のさらなる上昇に期待しています。」と激励がありました。また仙台在住のOBの方からの手紙を紹介されました。道の駅での整然とした態度や乱れのない服装をみて誇りに思ったという内容でした。生徒諸君の普通の姿がすがすがしく見えたというのは大変喜ばしいことですね。
  終業式の前には、部活動の活躍を紹介する表彰式やインターハイへ出場する西村明人くんの壮行式が行われました。部活動でも、受験勉強でも熱い夏になるように応援しています。






















 

酒東大運動会

  7月21日(木)快晴のもと、平成28年度の大運動会が行われました。競技、アトラクション、応援、看板のそれぞれの賞の獲得を目指しつつ、全てを合わせた総合優勝を争いました。
  競技は各組代表の100m走から始まり、騎馬戦、棒倒し、ハリケーン、長縄跳び、綱引きなどで競い、最後は各組18人ずつの混合リレーで締めくくりました。熱い戦いを繰り広げながら、お互いの絆が深まっていくのが感じられました。
  結果は、3年5組、2年4組、1年3組がチームを組んだ白組が総合優勝を勝ち取りました。競技賞も白組、アトラクション賞は緑組、応援賞は赤組、看板賞は青組がそれぞれ獲得しました。閉会式で生徒会長の相蘇君は「今日は各組にわかれて戦いましたが、今からはTEAM酒東に戻って文武両道頑張っていきましょう!」とあいさつし、全員で地面が揺れるほど「白熱の気」を歌って終了しました。
  競技の白熱した戦い、アトラクションの勇ましくも優雅な舞、熱い応援、そして真剣勝負の中に面白さが融合した最高の1日になりました。この勢いをもって、3年生は受験勉強生活、1・2年生は文武両道生活に臨みましょう。



















 

演劇部定期公演

公演名:飽海地区高等学校演劇部 第21回定期公演
日時:平成28年5月22日(日) 10:00開場 10:30開演
場所:酒田市民会館 希望ホール 大ホール
上演作品:『わたしの星』(作:柴幸男)
あらすじ
温暖化の影響で住めなくなった地球。人々が火星に移住するなか、取り残された高校生たちがいた。
文化祭まで2週間をきったある日、火星からの転校生がやって来た!
憧れの火星人に興奮する中、劇の主役であるスピカが明日転向すると聞かされて……。
今回の定期公演は1年生のデビュー公演であると同時に3年生にとっては本公演が引退公演となりました。3年生はキャスト、スタッフ両面において、全力で取り組み、無事3年間の集大成となる公演ができました。
多くの方々のご協力・ご声援に感謝をし、今回の公演で3年生の姿を見た2年生・1年生のさらなる成長にご期待ください。



















 

芸術鑑賞教室

 6月8日(水)希望ホールにて今年度の芸術鑑賞教室が行われました。ROHOシアターによるタンザニアの民族楽器「ンゴマ(Ngoma)」を中心とする伝統芸能&ポピュラーソングによる迫力のアフリカン・パフォーマンス。「魂の鼓動」というタイトルにふさわしいダイナミックな大陸のリズムが魂を揺さぶる、“鼓動”のステージを堪能しました。生徒の近くに演奏者が来たり、ステージに生徒が上がったりする楽しさとプロフェッショナルの演奏とダンスを感じられるステージでした。世界へ目を向ける良い機会となりました。
 ROHOシアターから頂いたPASSIONとエネルギーを学習や部活動に生かしていきましょう。
 

避難訓練

 5月12日(木)避難訓練が行われました。今回は地震を想定した避難訓練でした。地震、津波を想定し、どこに逃げるか、どのように逃げるかを考えながら訓練しました。東日本大震災や熊本地震を目の当たりにしているため緊迫感のある訓練となりました。消防署の担当者からは、実際はさらに緊迫することが予想されますので、冷静さを失わずによりよい判断ができるよう準備していきましょう、と教員・生徒にアドバイスがありました。また、自分のことだけでなく、自分以外の人も救える優しさと技能を持ち合わせましょう。












 

生徒総会

 5月11日(水)に前期生徒総会が行われました。例年よりも質問や建設的な意見が多く、それぞれの委員会からも良い答弁がなされていました。目標、内容を深化させて、躍動感ある活動にしてくれることでしょう。 生徒自らが主体的に考え、よりよい生徒会活動、よりよい酒東にしていきましょう。



























 

交通安全講話

 4月20日(水)のLHRの時間に、酒田警察署の石山達矢さんにお越しいただき、高校生の自転車の交通安全に関する講話をしていただきました。
 酒田警察署管内の事故発生状況やイヤホンしながらの運転は交通違反であるといったルールの再確認、さらには高額な賠償責任を負うことになった自転車運転者が加害者となった例まで教えていただきました。また映像を交えながら、自転車のルール違反がもたらす危険の大きさや、自動車とぶつかったときの衝撃の深刻さも目の当たりにしました。
 2人乗りや無灯火といったルール違反はもってのほかです。自転車は軽車両であり、時には凶器になるということを踏まえ、率先して事故防止に努めていきましょう。 
 

文化祭二日目

 7月25日(土)、文化祭二日目でした。1年生の合唱コンクールが行われ、5つのクラスが、それぞれ「民衆の歌」「奏」「GIFT」「友」「愛唄」を選曲し、団結力を歌に込めて披露しました。音楽部の発表もあり、素晴らしい歌声を聞いたあとは、一般公開です。今年は天気にも恵まれ、駐車場も広くした関係で800人を超えるたくさんの人にお越しいただきました。
 縁日や屋台、お化け屋敷などが催され、お客さんも企画した自分たちも笑顔があふれていました。15時には終了し、閉祭式では、メモリアルビデオも上映されました。最高に盛り上がった二日間は、思い出にも残り、これからの活力にもなることでしょう。企画力、創意工夫、実行力、団結力など新たな素質を磨いた酒東生の今後に期待ですね。




























































 

東翔祭初日

 7月24日(金)、いよいよ東翔祭初日を迎えました。今年のテーマは『×××と夏フェス ~止まらないのは汗、それとも・・・~ 』です。オープニングセレモニーでは、全員が×××の内容を書いた色紙をつなぎ合わせたモザイクアートを披露しました。
 また、実行委員会の自主制作ドラマも上映され、高いテンションでスタートを切りました。初日は男装女装コンテスト、書道部、吹奏楽部のパフォーマンスと2・3年生の各クラス対抗の演劇コンクールでした。演劇コンクールというこの伝統行事は今年度も行われ、役者や裏方としてクラスメイト全員が活躍しました。シリアス系あり、コメディ系あり、ミュージカル系まであってそれぞれの個性が光る
本当に素晴らしい発表となりました。賞の発表は本日になります。
 本日のクラス企画、ステージ企画で、東翔祭はさらに盛り上がることでしょう。ご来場の皆さん楽しんでください。