年次ガイダンス

12月21日(金)、終業式の後、1年生の年次ガイダンスが行われました。富樫主任からは「今年の『飛躍』年次を、漢字一字で表すとしたら『会』だと思います。さまざまな出会いがあった1年でした。」「その出会いを通して、いろいろな生き方を学ぶことができたはずです。そして、自分がすべきことは何かを考えてください。これからも、みんなが一生懸命にやる姿を見たいと思います。」とのお話がありました。またその後、各担当の先生から、2学期の学習・進路・生活を振り返っての総括、各教科の冬休みの課題のポイントや3学期に向けての心構えなどを話していただきました。

 あわただしい年末、年始ですが、記念すべき酒田東高校入学の年を振り返るとともに、冬休みの課題にしっかりと取り組み、力をつける期間にしてほしいと思います。

 

年次レクリエーション

 12月19日(水)のLHRの時間に、年次レクリエーションとして「クラス対抗大縄跳び」を開催しました。各クラス、それぞれ4月から培った団結力を見せ、大変盛り上がりました。僅差でしたが、優勝は1年2組でした!
 

薬物乱用防止教室

 12月4日(火)、庄内総合支庁保健企画課の實澤亮一氏を講師としてお迎えして、薬物乱用防止教室を開催しました。違法薬物は絶対にだめなのは、誰もがわかっていることですが、それでも「覚醒剤等は都会の事件で、地方は関係ない、は無い」「たった1回の使用でも、乱用という言い方になる」「自分の人生が台無しになるだけではなく、周囲の人にも大変つらい思いをさせる」等、専門の方からお話いただいて、新たに理解できたことが多かったと思います。これからも健全な生活を送れるよう、今回の講話の内容を大切にしていきましょう。


 

東京キャリア研修

11月8日(木)から9日(土)の3日間、1年次は「東京キャリア研修」で、東京に行ってきました。

初日は到着後、さっそく「大学講座」で電気通信大学の2名の先生から講演をしていただきました。大学で学ぶ意義などについて、理解が深まったと思います。夕食後の時間では、本校OBOG大学生(14名)による「大学生座談会」がありました。年齢の近い、自分たちの先輩のお話は、とても刺激になったはずです。2日目は、東京は雨模様の天気でしたが、都内を各グループで移動し、午前の大学見学、午後の企業訪問に臨みました。実際に訪れて、初めてわかったことが多かったと思います。3日目午前は、本校OBOG社会人の方による社会人講座が行われました。総勢23名の講師の皆さまには、社会人として現在関わっている仕事内容の解説や意義、そして酒田東高生として、どのように高校生活を送ってほしいか、熱く語っていただきました。この3日間で伺ったお話、経験した内容は、今後の進路研究におおいに活用されることと思います。社会人講座修了後、昼過ぎに東京を出発し、夜の7時頃、無事に酒田に帰ってきました。ご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

  

 

最上川・新井田川 清掃ボランティア

 9月26日(水)のロングホームルームの時間に、1年次生全員でボランティア活動として最上川・新井田川の河川敷のゴミ拾いを行いました。好天にも恵まれ、みんな一生懸命に美化活動に取り組んでいました。山形県の母なる川、最上川と、学校のすぐそばを流れる新井田川。どちらも酒田東高生にとっては大事な川ですね。8月から、豪雨による増水が続き、思いがけないゴミもあったようですが、無事に終えることができました。
 

1年次キャリア講座「これみち講演会」

9月19日(水)、「地域で活躍されている方々の生き方に学ぶ」「自身を取り巻く地域や社会の課題を認識し、今後の探究型学習のテーマ設定に活かす」等を目的にした、1年次キャリア講座「「これみち講演会」~これが私の生きる道~」が開催されました。「これみち講演会」内容、講師.pdf

 講師の皆さまには、本当に一生懸命、参考になるお話をしていただきました。一人ひとりの生徒に必ず響いたことと思います。ありがとうございました。

 

1年 年次ガイダンス(7月24日)

7月24日(火)、終業式後に大教室で1年次ガイダンスが行われました。はじめに年次主任から、2年後の進路決定を見すえた夏休み期間を過ごしてほしい、そのためにも各教科の基礎・基本の部分を大事にしていきたい、時間の使い方を意識してほしい、というお話がありました。

進路関係の連絡として、進路部長から最近の入試状況の特徴や思考力が重視されてきていること、今後の模擬試験で注意したい点などのお話がありました。また、自分が進学できる環境にいることを感謝しながら、保護者の方と進路の話を、この夏休み期間にも進めていってほしいとのお話もありました。また学習関係の連絡として、家庭学習の時間をさらに増やす意識を持っていかなければいけない、計画を立てて進めてほしいということと、生活関係の連絡として、自己管理に努めて、元気に過ごしてほしいということがありました。さまざまなお話、連絡があった一日でしたが、有意義な夏休みを過ごすためにも、しっかりと実行にうつしてほしいと思います。

 

1年次 宿泊研修

   4月9日(月)~4月11日(水)、1年次宿泊研修が湯野浜温泉テトラリゾート鶴岡(旧海麓園)にて行われました。1日目の午前中は開講式の後、慶應義塾大学先端生命科学研究所の井上浄先生を講師として、課題研究の面白さ・その意義についてお話をしていただきました。また午後にはHR活動での校歌・応援歌練習、また各教科学習法講座が行われ、各教科の先生方が新入生に向けて挨拶・激励をするため湯野浜へ集まってくれました。

 2日目には年次ガイダンス、「R-CAP」「KeiSAT」等の学力および進路適正検査、湯野浜海岸での年次レクリエーション(ハリケーン)、HR活動での委員会決めや新聞タワー、コンセンサスゲームなどが行われ、新入生たちは次第に仲を深めていきました。

 最終日は、国数英の学習法講座で実際に55分の授業を受けた後、後援会長や同窓会長、教頭先生の前で各クラス校歌・応援歌を披露しました。

新入生は、この2泊3日の宿泊研修を通して酒東生としての一歩を踏み出しました!



 

1年次 課題研究講演会

4月16日(月)、1年次の生徒を対象とした「課題研究 講演会」が行われました。講師は、東北芸術工科大学の岡崎エミ先生でした。前半は、探究型学習が人口減少等の問題に立ち向かい、これからの未来を切り拓いていくためにとても大切なものになる背景を解説していただきました。後半は「酒田東高校出身者が、30歳よりも前に、故郷にUターンするために、私は何が可能か?」というテーマでグループ活動を行いました。数名ずつのグループに分かれ、大きな用紙や付箋を使い、話し合いを進めました。先週の宿泊研修のグループワークで学んだことも、今日の取り組みに活用できたと思います。今後の課題研究の活動に向けて、しっかりと進んでいきましょう。